最近では免許保有者が増え、ほとんどの人が運転免許証を持っています。それと同時に、無免許運転や交通事故なども増えています。「運転免許証は持ってるけど、全然運転してない」なんて方も多いのではないでしょうか。ですが、車の運転免許は必ず更新時期がやってきます。免許更新をしなかった場合は、失効してしまいます。必ず期間内に免許更新を受けましょう。そして、安心・安全な運転を心がけ、無事故・無違反を目指しましょう。

スポンサードリンク

運転免許の種類を確認しよう

免許更新をする際、運転免許証にはグリーン免許、ブルー免許、ゴールド免許の3種類があり、それぞれの種類によって更新にかかる時間や、更新する時期が違います。

まず、初めて免許を取得するとグリーン免許が発行されます。有効期限は取得してから3年間です。

グリーン免許の人が初めての免許更新に行くと、運転免許証が更新されてブルー免許になります。

ブルー免許は初回更新者・一般運転者・違反運転者と3つの種類があり、その種類によって更新時に受ける講習が違います。

初回更新者で、軽微な違反が1回以下の人は初回講習になり、講習にかかる時間は2時間です。一般運転者とは、過去5年間で軽微な違反を1回のみした人のことで、一般講習を受けます。

講習時間は1時間と初回更新者より短くなります。

その他のブルー免許保有者は違反運転者となり、講習は違反講習になり講習時間は初回講習と同じく2時間かかります。

最後にゴールド免許ですが、ゴールド免許は運転免許証の有効期限が満了する日までの5年間、無事故・無違反だった運転者に交付されます。

優良運転者とされ、有効期限は5年間となり、講習も優良講習になるので講習時間は最も短い30分です。

面倒な免許更新は出来るだけ早く終わってほしいですよね。皆さんもゴールド免許を目指して、無事故・無違反を心掛けましょう。

免許更新ってどんなことをするの?

運転免許を初めて更新する人の中には、免許更新の際に実技や筆記のテストがあるのではないかと心配になる方も多いのではないでしょうか。

ほとんどの免許更新ではそのようなテストはなく、視力検査、写真撮影、講習(ビデオ鑑賞など)をします。

稀に抜き打ちで乗車させたりする所もあるようです。ただし、後期高齢者の場合は認知機能検査という運転免許更新のための認知機能テストが行われます。75歳以上を対象とし、判断力や記憶力の状態を確認する簡単な検査です。

検査の内容は、時間の見当識・手がかり再生・時計描画という3つの検査項目です。時間の見当識では、検査時における年月日、曜日、時間を答えます。

手がかり再生では、4種類のイラストが描かれたボードが4枚提示されるので、検査院の説明を受けながら記憶していきます。

4枚のボードで計16種類のイラストを覚えます。全て覚えた後に、別の検査(介入課題)を行います。

介入課題が終了した後に、先ほど覚えたイラストを思い出しながら回答用紙に記入していきます。この時ヒントなしで、出来るだけ全部回答できるようにしましょう。

次に、記憶していたイラストをヒントありで回答していきます。

回答用紙にヒントが書いてありますので、それを手がかりに思い出してください。

最後に時計描画です。時計描画では、白紙の回答用紙に時計の文字盤を描き、指定された時刻を示す針をその文字盤の上に描きます。これが認知機能検査の内容になります。