iTunesは、iPhoneを開発したことで有名なApple社が開発及び提供しているパソコン向けのメディアプレイヤーソフトです。音楽や映画が好きでそれらを楽しみたい時や、きれいに整理しておきたい時などに役立つソフトです。好きなCDから音楽を取り込み、パソコンからiPhoneやiPodに転送することができます。また、映画やアプリを転送することもできるのでとても便利です。その他にもブックやバックアップなど、様々な機能があります。

スポンサードリンク

iTunesはただの音楽プレイヤーではない

iTunesにはいろいろな使い方があります。

基本的には音楽を取り込んで聴いたり、動画を見たりする時に使います。

iPodやiPhoneに音楽を転送するには、先にパソコンにCDなどから音楽を取り込まなければなりません。

iTunesを起動させてCDをドライブに入れ、画面に取り込みの確認メッセージが表示されるので「はい」をクリックします。

メッセージが表示されない場合は、画面の右下にある「CDをインポート」をクリックしましょう。自動的にアーティスト名や曲名、ジャンルなどの曲情報が取得されるので、手動で入力する必要がなくとても便利で簡単です。

パソコンがインターネットに接続されていない際は、曲情報が自動で取得されない場合もありますが、インターネットに接続した際、取得することができますよ。

CDの取り込みが完了したら、iPodやiPhoneを付属のUSBケーブルでパソコンに同期させます。

更新中にケーブルが外れないように注意してください。ケーブルで同期するのが面倒だと感じる方は、Wi-Fi経由での同期も可能ですよ。

同期が完了したら転送したい音楽を選択して転送させるだけです。

動画を移す時もほとんど同じで、とても簡単です。他にもバックアップをしたりすることもできますよ。

iTunesを公式サイトからダウンロードしよう

パソコンにiTunesがはいっていない場合は、Apple社の公式サイトよりダウンロードすることができます。

MacまたはWindowsパソコンでAppleの公式サイトにあるダウンロードページにアクセスします。

画面の右上に「iTunesをダウンロード」という表示があるので、そこをクリックします。

次に、画面の左側にチェック項目とメールアドレス入力、「今すぐダウンロード」の表示がでます。アップデート情報やAppleのニュースなどをメールで受け取りたい場合は、チェック項目にチェックをつけメールアドレスを入力してください。

ちなみに、こちらの入力は任意ですのでメールアドレスを入力しなくてもiTunesをダウンロードすることは可能です。

「今すぐダウンロード」をクリックしてください。画面下のほうに操作の選択画面が表示された場合、「保存」または「名前をつけて保存」を選択し、任意の場所にダウンロードします。

あとはiTunesを起動してあなたの好きな音楽や動画を思う存分に楽しみましょう!